生活費の割合を考える

 

一般的な生活費の割合は、例えば、収入が20万円だとします。

 

 

住宅費        25% = 50000円

 

食費         18%= 36000円

 

日用品費       2% = 4000円

 

水道光熱費     7% = 14000円

 

通信費         3% = 6000円

 

生命保険料     6% =12000

 

教育費        7% = 14000円

 

医療費        1% = 2000円

 

娯楽費        1%= 2000円

 

交通費        1% = 2000円

 

嗜好品(酒代)    1% = 2000円

 

その他         3% = 6000円

 

小遣い        10% = 20000円

 

貯金         15% = 30000円

 

 

合計         100% = 200000円

 

 

 

当然、家庭によって、家族構成も収入も違いますから各費目と割合は、何に支出を多くするか、減らすかは、自由に決めてください。

 

 

年金世代になれば、

 

 

★ 教育費は要りませんから7% 14000円を医療費として準備しておく。

 

7%も必要ないということならそのうちの3%を娯楽費や交際費をふやしてもいいですね。自由に決められます。

 

★ 交通費は車で移動する人ならガソリン代に。

 

自治体によって違いますが、名古屋市の場合は65歳から敬老パスというのがあります。一年間の負担金は所得に応じて、千円、3千円、5千円を支払えば、市営のバス、地下鉄、あおなみ線は乗り放題。市が運営する施設は格安。

 

例えば名古屋城は入場料500円ですが、敬老パスを見せれば100円です。私は、敬老パスを使った場合は、正規の料金を支払ったとしてその分を専用の財布に入れておきます。タクシーを利用したときは、この中からタクシー代として出します。家計の財布には計上しません。年間の負担金もここから出せます。

 

★ 日用品費も食費と一緒にしてもいいでしょう。あまり細かくすると、面倒くさくなって気持に余裕がなくなります。ほどほどの大雑把でかまいません。

 

 

 

年金暮らしの生活費の盲点は?

 

 

年金暮らしの盲点は、 冠婚葬祭の葬祭部分が増えること。

 

 

 

結婚式は、その日1度だけで済みますが、葬儀は、49日忌(宗派によっては35日忌)一周忌、3回忌、七回忌、十三回忌...と法要があります。

 

そういうときしかみんなが集まることがないからと、ふだんは全く交流がないのに、電話してくる親族がいるんです。

 

ホント迷惑。

 

親族の関係性にもよりますが、断れないことも多いので、結局、出費ということになりますので、このことを頭に入れておいて、千円ずつでも別に残しておきます。

 

 

 

葬儀は、頻繁にあることではないのですが、法事が重なることが多いんです。Aさんの一周忌、Bさんの3回忌とか言うように。

 

以前、わが家では、明日はAさんの法事、2日後にBさんの七回忌と続いたことがありました。

 

この月は、Aさん宅とBさん宅に ご仏前を包み、お供えの菓子、どちらもちょっと遠いのでガソリン代と都市高速代がかかりました。

 

年金世代の出費の多くは、こういう葬祭関係の行事に消えます。

 

貯金していても自分のために使うことはあまりないかも。

 

私自身が死んだら、一切やらなくていいと娘に言ってあります。

 

たまたま浮世の義理で親戚になって、しょっちゅう遊んだりした仲良しの関係ではないのに、死んだ後でお金を使わせるのはとても心苦しい。

 

人のためにお金を使う、それもただ親戚というだけで。

 

自分が働いて得たお金、年金の掛け金として給料から容赦なく引かれていたお金が年金という形で今、生活費になっている。

 

それは自分が生活するだけでいっぱいいっぱいなんです。

 

年金の中からも税金や介護保険料は引かれ、しかもどんどん手取りは少なくなる。

 

そういうお金を、親戚というだけで、葬儀や法事のために出してもらっては申し訳ないでしょ…だから、私の場合は、葬儀も法事も一切せず、直葬でいいと娘に頼んであります。

 

 

 

 

恋愛と結婚の相手は違う、年下男性はN0!

 

 

恋愛は、誰とでも自由にどうぞ。

 

 

でも結婚は年下の男性はダメです!と私は言いたい。

 

離婚せずにずっ〜と生活をともにするという前提条件ですが、例えば、女性が5歳年上だとします。65歳で年金をもらう年齢になりますが、男性はまだ60歳。

 

ふつうに大企業を定年退職しても退職金がどっさりもらえるという時代ではありません。

 

年金は、職業の業種や年齢で頻繁に変わりますから、日本年金機構のホームページを時々チェックしておくといいでしょう。ねんきん定期便もちゃんと読むこと。

 

友人が53歳の時、3歳年下の夫が早期退職すると言い出しました。公務員なんですよ。選挙の日は徹夜で開票作業して家に帰れない。

 

「公務員なのにそんなことあるの?」と聞いたら、

 

「リストラみたいなもんよ。夫がいうには、人員整理しなきゃならんから希望者を募りたいといわれて、俺のところは子供ももう金かからんから、まだこれから子供に金がかかる若い人を辞めさせるのは気の毒だから俺、やめるわ」

 

友人はそんなこと言われても、今まで子供にお金がかかって貯金できなかったから、これからr少しはらくできるかなと思っていたのに無職になったらどうするのよ?と怒ったと言いますが、決めてきちゃったからこれから仕事探ししなきゃ..年金もまだ先の話だしと嘆くばかり。

 

 

 

 

市役所勤めの公務員でも早期退職とは、詳しくは知りませんが、東京のような裕福な自治体ならともかく、地方の産業も観光収入もない自治体の財政事情なのでしょう。
わずか3歳年下とはいえ、年金をもらう年齢が近づくとこの差は大きいですよ。
定年後から年金年齢までをどうするか? 年下の男性と結婚するということは、その間が長くて妻はらくに暮らせるまで我慢しなければなりません。

 

恋愛は好きという感情だけでデートを楽しめばいいのですが、結婚は現実の生活が待ったなしの日々です。
それもすべてお金絡みの日々。お金の苦労から逃れられない現実があるだけです。

 

昔の人はこう言いました。

 

「この世は食って通るだけ。金があってもなくてもおんなじ。食えりゃいい。」
年下の男性と結婚するなら、年金を当てにしないで済むような経済力のある男性を探すといいですね。

 

 

相性は? 無料の婚活診断