40代からの終活をおススメする理由

 

 

ほとんどの人の場合、40代の親世代は60〜70代ですね。

 

40代ってまだまだ子育てや教育資金に苦労している世代ですから、終活なんて考えもしないと思いますが、親世代の終活を見ていれば、親世代が何に苦労しているかがよくわかります。

 

老後なんてまだまだ先のことと思っていて、老後のためにどうするかを全く考えていなかった。そのときそのときの日々の生活に精一杯だったのです。

 

子供の成長は待ったなしで出ていくお金もどんどん増えていきます。

 

 

こんなデータがあります。

 

60歳以上の男性120名に聞きました。

 

 

Q 過去を振り返って戻れるとしたらいつの時代に戻りたいか?

 

ほとんどの人は40代と答えています。

 

Q では40代に戻ったら何をしますか?

 

A  モノを買わない、欲しがらない、不要なものを処分する。

 

 

 

モノって、必要性があるか、どうしても欲しいという欲望から買いますが、じゃあ、ずっとそれが必要か?

 

あんなに欲しかった気持ちはいつしか薄れて、なくてもいいただのモノに変わる。

 

自分が変わるからです。

 

 

自分自身は、年齢とともにすべてのことにおいて気持ちや好みが変わるので、モノに対しての愛着もなくなりますが、モノは、不用品としていつまでもあなたの部屋にあります。

 

風水的に考えれば、使われることのない不用品は(死蔵品)、厄が溜まり続けて、部屋にそれがあることによって自分自身も厄にまみれてしまうのです。厄の温床のような部屋や家に、いい運気は絶対に呼び込めません。

 

一度は、自分にとって必要なモノだった。役に立った。でも永遠ではない。

 

役目が終わったモノはありがとうと感謝して処分しましょう。そして、それまで不用品が占領していた場所をきれいに掃除して、風通しを良くして、清々しい場所にすれば、そこにいい運気が入ってきます。

 

さらに、私も含めてですが、

 

60代のひとが後悔しているのは、老後の資金計画ほまるで考えていなかったことだそうです。これは、仕方ないことです。その時その時の暮らしを頑張っているんですから、20年後30年後のことなんて遠い遠い先のことで現実感がありません。第一、そんなに長生きすると思っていませんしね。

 

しかし、これからは人生100年時代といわれる時代です。

 

親世代が後悔した資金計画、考えても何をどうしたらいいのかよくわかりませんよね。

 

介護問題、年金だけで暮らせるか?葬儀や遺品整理の問題、お墓をどうするか?行く 手には、バラ色の老後ではなく、手に負えない問題が山積みしています。

 

今、30代40代の人こそ、親の終活はすなわち、自分の終活と思ってください。

 

 

 

親の日々の暮らしぶりをチェックして、生前整理を一緒にしながら、ひとりで暮らせない状態になったら、施設へ入りたいとか、さまざまな希望も聞いておきます。

 

親が元気なうちは、親の貯金通帳まで取ってはいけませんが、保険証券は見せてもらっておいてください。ほとんどはよくわかっていませんから、必要以上に加入していたりします。あなたが息子であれ、娘であれ、親の最後は必ず関わることになりますから、40代のうちから、一緒に終活するのが賢明です。

 

40代からの終活は、誰かに教えてもらうのではなく、自分の親が年齢を重ねていく姿を見ていて、目的別に必要となるべきモノやお金をいつ、どういう形で準備すべきかを考えられるのです。60代からでは遅いかもしれませんので40代の今、終活をおススメします。

 

 

 

 

生前整理はいつから始めるの?

 

 

終活の準備=生前整理ですよね。

 

高齢になってからでは、片付ける気力も体力もなくなります。60代になればモノを欲しがる世代ではないし、今まで使っていたものの必要性と不要なものの割り振りができます。

 

必要なものだと思えば、これからも大切に使うし、不用品だと思えば、未練なく処分できます。その判断ができるのが60代。そして重いモノも60代のうちなら体力がありますから、片付けられます。

 

書籍はもとが木ですから重い。タンスや衣装ケースなど大型のものも60代のうちに。

 

70代後半とか80代になると、まず体力気力が失せ、(ごみの分別が億劫になります) と同時に、今までそばにあって愛着があるものが捨てられなくなります。

 

愛着が、(人生を共にしてきたものだから捨てられない)と執着に変わるのです。

 

だから60代にこそ、生前整理をしましょう!

 

 

男性と女性では、必要なもの、愛着があるものが違いますから、夫は夫のものを自分で、妻は妻で自分のものを整理します。

 

60代で現役を退くと、ライフスタイルががらりと変わるので、ライフスタイルの変化に応じて不用なものを処分したりして、すっきりとシンプルな生活にしましょう。

 

意外と簡単で爽快感があります。自分のこれからの暮らしも清々しくなると同時に、自分が亡くなった時に、遺族が遺品整理をする費用の負担がらくになるからです。

 

不用品でももとはお金、だからまたお金に換えよう!自分では手に余るものや、大型のもの、分別の仕方がわからないものは、どうしようか?と悩むことがストレスになりますから、買取業者に引き取ってもらいましょう。

 

コーヒー代の足しになればいいか...というぐらいの気持ちで。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加